一体、どの娘の事を書いたのか、自分でも分からなくなってきたので、まとめてみました。

かこおん(過去の女たち)
美佐 / / 信子 / はるか / 里奈 / 和美 / ミナミ / エミ / ゆか / ミッチ / サチコ / カオル / 詩織 / マリナ/ 優花 / まどか / ゆか / まりこ / 美由紀 / 里香 / ナナ

Hの源 子供の頃のHな思い出  順子 / パイちゃん / ケイト

私の勃起力を助けてくれてるアイテム! ⇒クラチャイダム

2019年06月22日

ミナミ 第二子出産

ミナミ 妊活 精子の味方? から続く

ようやく、ミナミから連絡が入りました。
無事、女児出産。
まるでクオーツ時計のように正確に、予定日、ドンピシャの出産でした。
今回も、自然分娩。
本人曰く、安産だったそうです。
しかし、凄い・・・
ミナミ、49歳です。
いくら鍛えているとは言え、年に勝てる筈はないのに・・・
ミナミの場合は、年にも勝ってるのかもしれません。

私の遺伝子を引き継いだ、5人目の子となります。
とは言っても、親子の名乗りをあげる事は出来ませんが・・・

ミナミなら、きっと立派に育ててくれると信じています。




ランキングに参加しています。ポチっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ

公開無用コメントはこちらの日記にお願いします。

posted by まさ at 23:20 | Comment(8) | TrackBack(0) | 妊活

2019年06月21日

マン芸とか、予定日とか・・・

ある女性の方から公開無用メッセージを頂きました。
ありがとうございます。
公開無用で頂いたわけで、詳しくは書けませんが、その方は、アソコで水鉄砲が出来るとの事・・・
ある意味、凄い "芸" です!
ストリップで初めて見た時には、ただ唖然として観てました(^^ゞ
我に返った時には、大拍手をしていましたが^^
今では、ストリップに行っても、ダンスとオープンショーの間は、殆どポラばかり。
そういう芸を見せてくれる踊り子さんがいたら、観に行きたくなるところです^^

ところで・・・
友美は、ディルド吸い込みは、見せる芸としては良くても、エッチの武器には、なりにくいのを知って、少々、ガッカリしたようだが・・・

「次のイベントの時、披露しちゃおうかな!」

と、過激な発言をしている。
まだまだ、先の事なので、その時までに、スポッと吸い込めるように鍛錬するとも・・・
そう語る姿は、まるで手品好きが、今度の宴会で新しい手品を披露する・・・と、言っているようだ。
友美にとっては、見せる事が、楽しみの1つなのかもしれない。
AVにしても、最初は、お金の為だったのだろうが、玲奈になってからの作品は、目的が違う。
性的欲求の解消が目的であるような話だったが、実は、AV嬢という、観られる存在になる事が快感だったのかもしれない。
"かもしれない" ではなく、きっとそうなのだろう。
それならば、チャットも趣味と実益を兼ねたものになる。
流出映像を大して気にしていないように見えるのも、もしかしたら、流出して見られているという事が、快楽なのかもしれない・・・
奇妙な感性かもしれないが、私の場合、友美の気持ちが、少しだけ分かる。
私も、見られると興奮が増す。
ギャラリーの前でのエッチは格別だ。
生配信に協力させられた時も、病み付きになりそうな快楽に襲われた^^;
同じ穴のムジナなのかもしれない。

私にとっては、ディルド吸い込みよりも、急激にパワーを増した、入り口の締めつけの方が、嬉しかったわけだが、それを素直に喜んだところ・・・

「もっと締めてあげますから!」

と、張り切って、膣圧アップを始めた・・・
私としては、嬉しいのだが・・・
その反面で、少々、怖い^^;

現在、私は、友美の口技には抗えない。
友美が、その気になったら、どう頑張っても我慢し切れない。
これは、男子としては、少々情けない事でもある。
口には出さなくても、心の中で、何回、
「頼む、やめてくれ」と、叫けびながら、イカされた事か^^;
友美の口技の前では、まるで童貞君のように、いとも簡単にイカされてしまう。
しかし、マ〇コなら、そうそう負けてはいない。
友美が、どけだけ「もうダメ〜」と言っても、猛然と突き続ける事も出来る。
マ〇コ VS チ〇コ の勝負なら、私が主導権を持ってプレイ出来ているのだが・・・
マ〇コまで、器用に使えるようになったら、どうなるのか?

ナナの場合は、意図的なのか、たまたま、そう動いたのか分からないが、私がイキそうなのを堪えているタイミングで、見事に締め付けられ、不覚にもイカされてしまった事が、少なからずある。

ミナミの場合は、アソコそのものの動きよりも、腰使いの方が秀逸だった。
私が、発射を先延べにしようと、自分自身の刺激を軽減するような動きにはいると、待ち構えていたように、ミナミの腰が、最も気持ちの良い角度、スピードで動く。
これは、予期していても、ヤラれたら撃沈だ^^;
何回、これでヤラれ、
「私の勝ちですね!」と、言われた事か^^;

もしも、友美が、ナナのような入り口締め付けと、ミナミのような腰使いをマスターしたら、どんな事になるのか・・・
既に口技には、抗えない。
ア〇ルは、今でも、最高の逸品だ。
かろうじて、マ〇コだけは、じっくりと腰を据えて攻められるところだったのだが・・・
マ〇コまでが、一瞬も気の抜けない場所になってしまうのだろうか・・・
想像しただけで、嬉しいが・・・
同時に怖い^^;

そして、昼過ぎの事・・・
ミナミから "これから病院に行く" と、メールが入った。
"どうした?" 返したが、その後、返信は無い。
実を言うと、今日が予定日だ。
ミナミは、生理も、殆ど狂いなく、ピタリと来る女子だった。
予定日ピタリで、産まれるのか?
出産が終わっても、すぐに連絡は出来ないだろう。
誰かが連絡してくれるわけでもない。
本人が、連絡できる状態になるまでは、何も分からない。

なんだか、落ち着かない・・・

タグ:ミナミ 友美
ランキングに参加しています。ポチっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ

公開無用コメントはこちらの日記にお願いします。

posted by まさ at 23:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他

2019年06月20日

友子 その257 11時間耐久、もっとして!

友子 その256 11時間耐久、午後の部開始 から続く

部屋に入り、友美を一人掛けのソファに座らせた。
私は、ベッドサイドに置いてあった "ブツ" を持って、ソファの前に移動。
友美が立ち上がった。
友「ちょっと綺麗にして来て良い?」
私「良いよ」
友美はバスルームに入った。
その間に、ソファの上と、ソファ前にペットシートを敷いた。
シャワーから戻った友美は、躊躇なくペットシートの上に座った。
私「脚は、肘掛へ」
友「うん」
友美は、左右の脚をひじ掛けに乗せ、大きく脚を開いた。
私は、その真正面に座った。

毎晩、画面では眺めているが、やはり生が良い。
友美も、今年で35才になる。
ソープにいた事もあるし、ヘルスでも、素股は毎日のようにしていた筈だ。
今でも、毎晩、オ〇ニーショーで、マ〇コは、相当、酷使している。
使い込んでいるのに、それ程の黒ずみは無い。
むしろ、初めて眺めた時よりも、今の方が、綺麗になったようにも見える。
いつだったか、これを使っていると聞いた事がある。
新基準!新しい黒ずみケア ホスピピュアVIO

今は、どうしているのか聞いていないが、友美の事だ。
やるとなったら、徹底的にやっている筈。
今でも、毎日、コツコツと塗り込んでいるのかもしれない^^
下着の擦れが黒ずみの原因と聞いた友美は、家では、極力ノーパンでいるとも聞いた。
家どころか、今日だって、ここまでノーパンで来ていたが^^;
でも、そんな努力の成果は出ているようだ。
バージンのような・・・は、言い過ぎだが、
若々しい、綺麗なマ〇コだ。
何も言わなくても、友美は、割れ目を左右に広げている。
割れ目の中の構造を、じっくりと眺める。
友美が見られるだけで興奮する事は、私も熟知している。
真剣に、じっと見つめるのも、前戯の1つだ。
指1本触れなくても、友美の泉が湧き出て来る。
湧き出た泉は、友美の股間に顔を埋め、しっかりと味わう。
両手は上に伸ばし、Hカップを鷲掴みだ。
内腿や腹筋には、程よく筋肉がついている。
しかし、バストとマ〇コは、マシュマロのように柔らかい。
狭いレンタルルームでは、友美は声を押さえているが、広いホテルの場合は、完全に解き放っている。
部屋中に、良い声が響く。
舐めれば、舐める程、良く鳴る。
まるで、楽器を奏でているようだ。
口のまわりは、マン汁まみれだが、そんな事は、物ともせず、舐め続ける^^;
再び、双頭バイブを手に取る。
マ〇コは、ヌルヌルグチョグチョだ。
ア〇ルも、流れ出たマ〇汁でグチョグチョだ。
これなら、ローションなんていらない。
ニ穴に、バイブを押し込んだ。
バイブを出し入れしながら、舌はクリ舐めだ。
舌が疲れてきたので、強力な助っ人 "電マ" にバトンタッチだ。
ニ穴に入れながら、電マをクリに押し付ける。
バイブはニ穴を激しく出入りす。
友美の動きがおかしくなってきた。
小刻みに震えるボディが、ゆっくりと波打つ・・・
断末魔のような声が上がる。
電マを、さらに強く押し付ける。
友「ア〜〜〜〜っ、ああああ〜」
生温かい液体がマ〇コから溢れ出た。
バイブを抜くと、水柱が立った。
今回は、予期していたので、浴びずに済んだ^^;
AVでは、指を入れ、Gスポあたりを激しく刺激して、潮を吹かせるシーンが多い。
しかし、友美の場合は、マ〇コを掻き混ぜる必要は、無いようだ。
ニ穴+バイブ攻めで、結構、簡単に吹いてしまう^^;
フシャ〜と、吹いた友美は、体を痙攣させている。
抱き寄せても、腕の中で、ピクピクしている。
いつも思うが、まるで、釣り上げらた魚のようだ。

私「気持ち良かった?」
友「うん。また漏らしちゃった。
  ごめんなさい・・・」
私「いいよ」
友「今度は、まささん番ね!
  座って!」

攻守交替だ。
友美は、濡れたペットシートを片付けると、私をソファに座らせた。
めくるめく、スーパー友美スペシャルの始まりだ!

カチカチのフル勃起だが、中々、パックンと咥えてくれない。
舌先が、カリの周りをクルリと舐め、尿道を、つついたりするが、パックンが来ない。
敢えてノーハンドではなく、軽く添えた指が、チ〇コを撫でる。
友美は舌技も凄いが、実は手技は、もっと凄い・・・
微妙なタッチで撫でられ、我慢汁がドクリと溢れ出る。
チ〇コは、絶妙な指先タッチで刺激され、その間に舌は、下方へと移動する。
タマ舐め、タマ吸い・・・タマがキューンとしてくる^^;
大きく開いた口に、タマが吸い込まれる。
こんな絵柄は、AVでも、中々見られない・・・
タマが解放されると、舌先はタマ裏からア〇ルへ。
友美の頬がタマを持ち上げる・・・
頬の感触までが気持ち良い。
ア〇ルに舌先が押し入ってくる・・・
ドクリと我慢汁が滴り落ちる。
その汁を指先で伸ばすように鬼頭をマッサージされる。
息をするのすら忘れてしまいそうに気持ち良い^^;
舌が戻って来た。
友「まささんったら、こんなにお漏らしして・・・」
下腹部に滴り落ちた我慢汁を舐め取る友美。
そして、やっとパックリと咥えられた。
途端に射精感が襲ってくる。
この快感を、もっと味わいたい・・・
必死に堪える・・・が、アッと言うまに限界を超えた。
「イク」の言葉を発すると同時に、精子達が駆け出した。
友美に吸い上げられ、精子達は更に加速する。
まるで、友美の目には、精子達が駆け出す様子が見えているみたいだ。
どうしたら、こんな絶妙なタイミングで吸出しが出来るのか・・・
射精が終わり、硬度が落ちたチ〇コを咥えたまま、友美がこちらを見る。
目を合わせたまま、口をモグモグさせる友美。
私「おい、くすぐったいよ」
まだ、離してくれない・・・
私「おい、食うなよ・・・」
ようやく離してくれた。
友「食べちゃいたいけど、
  食べちゃったら、お楽しみ無くなっちゃいますから」

時刻は、まだ14時。
その後、ベッドで2回戦、膣内2発を追加した。

そろそろチェックアウトだ。
シャワーを浴びて、部屋を片付ける。
友「まささん、それ、使わなかったですね」
"それ" とは、ジクゾーディルドだ。
私「そうだな。
  じゃ、今からヤルか?」
友「やる!」
えっ・・・
私は軽口のつもりだったのだが・・・
しかし、"やる" と言われたら、ヤルしかない^^;
私は、延長する旨、フロントに連絡した。
友美をソファに座らせ、股間に顔を埋めた。
ジグゾーディルドはハードプレイだ。
しっかり濡らしておかないと・・・
友美の手が私の頭を、優しく撫でる。

友美がしたいなら、何度でも付き合おう。
私が友美の年の頃は、ヤリまくっていた。
ヤリ足りない時だって、相手に困る事はない。
何故なら、男子には風俗がある。
現金握って飛び出せば、望みは敵う。
口内でイキたいなら、ヘルスかピンサロに行けば良い。
AFしたいなら、SM倶楽部がある。
マ〇コでイキたいなら、ソープに行く。
イキ方も、相手も選び放題だ。
しかし・・・女子には、そんな風俗は無い。
ある意味、男女不平等だ・・・
男女の違いはあっても、性欲がある事は変わらない筈だ。
そして、それは、気持ち良く発散すべきだ。
友美は、長い間、そんな男子の思いを叶えてきたわけだ。
ならば、友美の思いは、私が叶えよう。
そんな事を考えながら舐めていたら、また、口の周り中、マン汁まみれになった(^^ゞ
そろそろ真打の登場とばかりに、ジグゾーに手を伸ばす・・・
友「待って・・・
  もうちょっと、舐められたい」
私「舐められるの好きか?」
友「うん。もっとシテ」
友美がしてくれたように、私もしてみた。
股間を押し開き、会陰からア〇ルまで下り、ア〇ルに舌先を埋める。
目前数センチの膣口が、息をするようにパクパクしている。
再び、ジグソーに手を伸ばす。
膣口に先を、あてがい、一気に押し込む。
半分程入ったところで、ジグゾーのスイッチONだ!
低速でピストンするディルド。
次第に速度を上げる、友美の声も上がる。
ジグソーは、ドンドン速度を上げ、もはや私では真似の出来ない速度になった。
絶叫する友美。
仰け反り、弓なりになる友美。
体の線が美しい。
下半身が痙攣し、その余波でバストが揺れる。
見事だ・・・絶景だ・・・
私のチ〇コも、臨戦態勢になってしまった^^;

私「なあ、入れて良いか?」
友「うん、来て」

ディルドを抜き、剥き身のチ〇コを挿入した。
一気にフルピストン・・・
友美の腰を、しっかり引き寄せ、膣内に発射した。

1時間、延長してしまった。
11時間ではなく、12時間耐久となった^^;
1ヵ月以上ぶりのプレイは、トータル8発となった。

再び、シャワーを浴び、ホテルを出た。

友「今日、何回でしたっけ?」
私「8回だ」
友「予想より、少ないです」
私「そうか〜、少ないか?
  予想は何回だったの?」
友「予想って言うか、希望みたいなもんですけど、
  1ヵ月ぶりだから、2桁イクかな・・・
  とか、ちょっと期待してたんですけどね」
私「ごめん、期待外れだったか?」
友「そんな事ないですよ〜
  気持良過ぎて、脚、ガクガクしてます」
私「そう言えば、パンツ、穿いてるんだ」
友「穿きますよ〜
  今だって、トロっと出てきたりするんですから」
私「垂れても良いじゃん」
友「まささんが、ずっとついて来てくれるなら、
  垂れてても良いですけど・・・
  一人の時は、イヤです」
私「じゃあ、それは、そのうちな」
友「まささんが、ついててくれるなら、
  首輪付けて、全裸お散歩だって良いですよ」
私「過激な事、言うなよ。
  また、勃っちまうよ」
友「勿体無いなぁ〜
  勃つんなら、もっとしたいのに!
  いつか、11時間じゃなくて、
  24時間耐久しましょう!」
私「うん。いつかな・・・」
友「そうだ・・・
  残り、37ですね!
  1ヵ月でクリアかなぁ!」
私「マジか?」
フフッと笑う友美・・・
言ってる事は過激なのに、何故か可愛い^^;

やっと、金曜の事が書き終えた・・・
あれから、土日月と過ぎ、火曜の事。
インターバル3日しか無かったのに、2時間4発絞られた^^;
膣内2発、残りは友美スペシャルだ。

そして水曜日、
平泳ぎをする友子の後を500mも追いかけていた^^;
昨日、搾り取られたばかりなのに・・・
後ろ姿を眺めていたら、またしたくなった。
平泳ぎの後ろ姿は、ヤバい^^;
友子が、プールを去った後、私はプールを出るのに、ゆうに10分はかかった^^;

これを書いている画面の隅では、今晩も、渾身のオ〇ニーショーが繰り広げられている。


タグ:友美
ランキングに参加しています。ポチっとして頂けると嬉しいです!
にほんブログ村 大人の生活ブログ 夫婦生活(性生活)へ

公開無用コメントはこちらの日記にお願いします。

posted by まさ at 00:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | 風俗の女

高麗人参の頂点『百歳山参』配合!【EDITAL EX(エディタルEX)】
勃起力」の先頭へ